読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

my.cnfのパラメータの内容

MySQL5.5

パラメータ 内容
basedir MySQLバイナリのインストールディレクト
datadir データ格納先
tmpdir テンポラリディレクトリ指定
lc-messages-dir エラーメッセージが配置されているディレクト
key_buffer_size MyISAMのインデックスをキャッシュするメモリ上の領域
innodb_buffer_pool_size InnoDBのデータとインデックスをキャッシュするバッファのサイズ
innodb_log_file_size InnoDBの更新ログを記録するディスク上のファイル
innodb_log_buffer_size ログファイルのためのバッファのサイズ
innodb_file_per_table データファイルをテーブル単位で管理できる
innodb_flush_log_at_trx_commit メモリ上にあるInnoDBバッファプールがディスク上のInnoDBデータファイルにフラッシュされる
innodb_flush_method Linux固有のフラグで、OSのバッファキャッシュの効果を最小化する効果がある
innodb_additional_mem_pool_size InnoDBの内部データなどを保持するための領域
innodb_autoextend_increment InnoDB システムテーブルが容量いっぱいになったら、拡張するが、拡張する大きさを決める
innodb_lock_wait_timeout InnoDB transactionが row lock がかかった時に、待つ時間
slow-query-log スロークエリ出力
slow-query-log-file スロークエリ出力場所
long_query_time 指定した秒数以上かかったクエリを記録
max_connections 同時接続数
table_open_cache 頻繁なアクセスに対して使うデータキャッシュ
table_definition_cache 定義キャッシュに保存できるテーブル定義数
read_rnd_buffer_size キーを使用したソートで読み込まれた行がキャッシュされるバッファのサイズ
sort_buffer_size ソート 処理に利用される
read_buffer_size index無しの全体スキャン時に利用される
max_allowed_packet MySQL でクライアントからサーバに送ることができるパケットの値を設定 最大16M
query_cache_size クエリキャッシュを使用する